沖縄県で医療脱毛するなら?今すぐ料金をチェック!

沖縄県の医療脱毛について

県名の由来

由来は諸説あって、沖合の魚を意味する“おき(沖)な(魚)は(場)”説、「沖にある場所」「遠い場所」を意味する「おき(沖・遠い)なは(場所)」説などあります。

沖縄県の観光地

  • 「南部エリア」

    2019年に正殿が火災で全焼してしまいましたが、世界遺産に登録されていて、沖縄のシンボル的存在の“首里城公園”、伝統の製法でつくられる泡盛をはじめ、熟成をかさねた古酒や新酒、沖縄のフルーツや黒糖を使ったリキュールなどが取り揃えられた“瑞泉酒造株式会社”、賓客をもてなした世界遺産登録の“識名園”、お土産からお食事まで、沖縄の食を楽しむことが出来る“第一牧志公設市場”、琉球王朝の歴代の王が葬られている“玉陵”などがあります。

  • 「中部エリア」

    高さ約20mの断崖絶壁のある景勝地でサンゴ礁のある美しい意味に面した“万座毛”、琉球ガラス体験ができる“恩納ガラス工房”、眼科に熱帯魚やサンゴ礁が生息する綺麗な海が広がり、展望台から残波岬や万座毛が見渡せ、ダイビングやシュノーケリングの人気スポットでもある“真栄田岬・青の洞窟”、古き良き沖縄の光景が再現された“琉球村”、人間国宝の金城次郎氏が窯を移転したことを機会に発展した“やちむんの里”、首里城を守るために改築され、美しく巧みな石積技術がみられる“中城城跡”、“琉球王国のグスク及び関連遺産群”として世界遺産に登録されている“勝連城跡”、他にも“海中道路・伊計島・伊計ビーチ”などがあります。

  • 「北部エリア」

    太陽の光が降り注ぐ“サンゴの海水槽”でのサンゴの飼育展、世界最大の魚ジンベイザメや、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが観察できる大迫力の巨大水槽“黒潮の海”など、訪れた人を魅了する“沖縄美ら海水族館”、古いものは樹齢300年にもなる約2万本ものフクギの木が並ぶ“備瀬のフクギ並木”、イルカと触れ合ったり、カヌーやヨットセーリング、沖縄料理を習ったりできる“もとぶ元気村”、パイナップルを中心に南国のフルーツにスポットをあてたテーマパーク“ナゴパイナップルパーク”、オリオンビールの工場見学や試飲が無料でできる“オリオンハッピーパーク”、沖縄本島から屋我地大橋とワルミ大橋で結ばれている離島“屋我地島”、ハート型の岩などがあり、“恋の島”として名高いスポットの“古宇利島”、その島へのアクセスで利用する全島2㎞と沖縄県で最も長く、周囲はサンゴ礁が広がる美しい海が広がる“古宇利大橋”などがあります。

医療脱毛レーザーについて

医療用レーザーで使われているのは、“アレキサンドライトレーザー・ダイオードライトレーザー・YAGレーザー”の3種類。
この中で日本人の肌に合うと言われているのが“アレキサンドライトレーザー”ですが、レーザーは種類によって特徴やメリット・デメリットが異なるので、知っておくとクリニック選びの時に役立ちます。

【アレキサンドライトレーザー】

毛根のメラニン色素に反応させて、毛脳再生細胞を破壊することで脱毛をしていきます。 細胞を破壊する行為はいわゆる医療行為なので、資格のある人しか扱うことが出来ません。

特徴 冷却しながら照射していく。メラニン色素に反応して脱毛していく。
メリット 火傷のリスクが低い、冷却ジェルが不要、美肌効果あり
デメリット 日焼け肌NG、毛が濃いと痛みを伴うこともある

【ダイオードレーザー】

ダイオードレーザーは蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR方式)の2種類。
蓄熱式は広範囲に出力パワーの低い熱エネルギーをジンワリとあてていく脱毛方法で、徐々に効果を得ることができます。
レーザー式は毛根周辺の毛乳頭にダメージを与えて破壊することで脱毛していきます。

特徴 蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR方式)がある。
メリット 痛みがすくない。日焼け肌OK(SHR方式のみ)。照射ヘッドが四角いため、照射漏れがすくない。
デメリット 剛毛には効果が薄い場合も。

【YAGレーザー】

波長が非常に長く、肌の奥までしっかりとレーザーが届いて脱毛をしていく。 アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの両方を兼ねているマシンもあります。

特徴 波長が非常に長い。
メリット 日焼け肌OK。根深く頑固な毛に効果あり。
デメリット 痛みが強く、肌トラブルが起こりやすい。

沖縄県の医療脱毛を選ぶポイント

  • 支払い方法が選べる

    沖縄県の女性は、郷土愛が全国でも1番強く、明るくて大らかな人が多く、行動力があり、頑張り屋です。金銭感覚は、緩めで貯蓄はあまりしないタイプ。そんなタイプの人には、自分にあった支払い方法が選べて、無理なく通えるクリニックが良いでしょう。

  • アフターケア有り

    ソニー生命保険株式会社47都道府県別 生活意識調査2018にて、“美容・化粧品にお金をかけたい各都道府県ランキング”で2位になるほど、沖縄県の女性の美意識は非常に高め。
    美意識の高い人におススメしたいのが、アフターケアのあるクリニック。
    美肌効果のあるクリームなどを塗ってもらえば、脱毛と同時に美肌もゲット出来て一石二鳥ですね。

  • 駐車場あり

    鉄道が“ゆいレール”のみで、日本でも有数の車社会の沖縄県。
    となると、車で通えるように駐車場付きのクリニックなら駐車場代もかからなくて便利です。

  • 完全予約制

    沖縄県にはクリニックの数がまだそこまで多くはないので、混雑をしてしまい、行ったのはいいけど「待ち時間が長くてなかなか施術してもらえなかった」なんてことも。そんなことにならないためにも完全予約制のクリニックを選んでおくと安心して通うことができます。

医療脱毛に通う人の口コミ

  • たんぽぽ(33)

    最近の医療脱毛は料金が安くなって、通いやすくなってきたからサロン脱毛と迷っている人がいたら、医療脱毛をおススメしたいです。
    支払い方法も選べるクリニックなら、無理なく通えるし、なんといっても脱毛効果が高い!
    痛みが苦手なら麻酔を検討できるのも医療脱毛ならではなんじゃないでしょうか。

  • ぽっけ(26)

    沖縄は他県に比べて気温も高く日差しも強いから、気を付けていないとすぐに日焼けしちゃうんです。だから、日焼け肌でも脱毛が出来るマシンがあるのは嬉しいですね。ちなみに、私がやってもらったマシンはメディオスター。このマシンは痛みもないし、毛周期関係なく通えるから、脱毛完了までも早くて良かったです。

まとめ

沖縄県の特徴をもとに、医療脱毛クリニックを選ぶポイントを説明してきました。
決して安いとは言えないからこそ、しっかりと事前調査をして、後悔のないクリニック選びをしてください。