京都府で医療脱毛するなら?今すぐ料金をチェック!

京都府の医療脱毛について

府名の由来

古来、東アジアでは歴史的に“天子様の住む都・首都”を意味する普通名詞として“京(きょう)・京師(けいし)”が多く使用されており、西晋時代に世宗(司馬師)の諱である“師”の文字を避けて京都(けいと)というようになったと言われています。

京都府の観光地

  • 「京都駅エリア」

    世界一高い無鉄骨建築で、展望室から360度市街全体が見渡せる“京都タワー”、家族連れで楽しめる“京都水族館”、蒸気機関車や新幹線等の車両が展示されている“京都鉄道博物館”、紅葉の名所で、通天橋からの眺めが圧巻の“東福寺”、1000体以上の千手観音が圧巻で日本一長い歴史的木造建築と言われている国宝の“三十三間堂”、千年の都京都ゆかりの文化財を中心に約12000件収蔵されていて、バロック様式を取り入れたレンガ造りの建築物として国の重要文化財に指定されている“京都国立博物館”などがあります。

  • 「祇園・東山(清水寺・八坂神社)エリア」

    京都で「清水の舞台」で知られる本堂で、ビルの4階に相当する高さに位置する舞台のある“清水寺”、恋愛成就で女性観光客の多い“八坂神社”、京都の伝統的建造物群保存地区に指定されていて、戦前の街並みが残る“祇園白川”などがあります。

  • 「金閣寺周辺エリア」

    金箔20万枚を使った姿が圧巻な“金閣寺”、国宝の金堂や左右に金剛力士像を安置する仁王門、御殿、五重塔などが建ち並ぶ“仁和寺”、築地塀に囲まれた75坪の中に15の石と白砂のみで造られた美しい枯山水庭園のある“龍安寺”などがあります。

  • 「上賀茂神社~西陣~京都御所」

    京都最古の神社のひとつで世界遺産に登録されている“上賀茂神社(賀茂別雷神社)”、歴史が古く源氏物語や枕草子の舞台としても登場する“下鴨神社(賀茂御祖神社)”、美人祈願で知られる“河合神社”、学問の神様「菅原道真公」を祀る全国天満宮の総本社の“北野天満宮”、京都御所を囲む外周約4㎞ある“京都御苑”、徳川家の強大な勢力を感じる造りや障壁画、彫刻のある唐門が見所の“二条城”などがあります。

  • 「銀閣寺周辺エリア」

    京都市左京区にある臨済宗相国寺派の寺院で、正式名称が“慈照寺”の“銀閣寺”、桓武天皇の平安遷都1100年祭を記念し桓武天皇を祭神として創建された“平安神宮”、野兎の生息地でうさぎは子授け・安産の象徴として親しまれたことから境内には沢山のうさぎ像があり”うさぎ神社”としても人気の“東天王 岡崎神社”、春には450本程のソメイヨシノが約2kmの道を彩る“哲学の道”などがあります。

  • 「伏見・宇治エリア」

    千本鳥居が圧巻な“伏見稲荷大社”、坂本龍馬ゆかりの地として有名な“寺田屋”、世界遺産に登録され、10円玉のデザインになっている鳳凰堂のある“平等院”、源氏物語の舞台になり、橋のたもとに紫式部像のある“宇治橋”などがあります。

医療脱毛レーザーについて

医療脱毛で使用されるレーザーは、「アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザー」の3種類。
レーザーの種類によって効果が異なるので、覚えておくと良いでしょう。

【アレキサンドライトレーザー】

毛根のメラニン色素に反応させて、毛脳再生細胞を破壊することで脱毛をしていきます。 細胞を破壊する行為はいわゆる医療行為なので、資格のある人しか扱うことが出来ません。

照射面 楕円形
波長の長さ 755nm
特徴 メラニン色素に反応して、皮膚を冷却しながら脱毛する。照射時に冷却ジェルは使用しない。
使用機器 ジェントルレーズ
メリット 美容効果あり・火傷のリスクが低い
デメリット 日焼け肌や黒ずみはNG

【ダイオードレーザー】

ダイオードレーザーは蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR方式)の2種類。
蓄熱式は広範囲に出力パワーの低い熱エネルギーをジンワリとあてていく脱毛方法で、徐々に効果を得ることができます。
レーザー式は毛根周辺の毛乳頭にダメージを与えて破壊することで脱毛していきます。

照射面 長方形
波長の長さ 800~940nm
特徴 蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR方式)の2タイプ。半導体を使用したレーザーで、皮膚面をを接触冷却しながら照射する。
使用機器 ライトシェアデュエット(HR方式)、ベクタス(HR方式)、メディオスター(SHR方式)、ソプラノ・アイス・プラチナム(SHR方式)
メリット 照射面が長方形のため、照射漏れの可能性が低い。
日焼け肌でも施術OK(蓄熱式)
痛みが少ない
施術時間が短い
デメリット 剛毛には効果が低いこともある。

【YAGレーザー】

波長が非常に長く、肌の奥までしっかりとレーザーが届いて脱毛をしていく。 アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの両方を兼ねているマシンもあります。

照射面 円形
波長の長さ 1064nm
特徴 波長が長いため、メラニン色素への反応度が比較的小さく、奥までレーザーが届く。
使用機器 ジェントルヤグ、ネオジムヤグレーザー
メリット 日焼け肌OK、VIO等の根深い毛に効果あり
デメリット 痛みが強く、肌トラブルが起きやすい

京都府の医療脱毛を選ぶポイント

  • 通い放題・脱毛し放題

    京都府の女性はプライドが高い人が多く、東京都をライバル視して、同じ関西圏内の大阪府と同じに見られるのを嫌います。ただし、流行への関心は他県に比べると低く、美容にもあまりお金をかけない傾向にあります。ただ、脱毛に全く関心がないかというとそういうわけでもありません。そんな人は追加料金なしでしっかりと脱毛ができる“通い放題・脱毛し放題”のあるクリニックを選ぶと良いでしょう。

  • 当日キャンセル可

    通勤や通学で人が集まる所にクリニックが多く、学校や職場から近いクリニックに通う人が多い傾向にあります。
    急な用事が入ってやむを得ずキャンセルをしなければならなくなったとき、当日キャンセル可能なクリニックだと安心です。

  • 完全予約制

    ②でお伝えした通り、学校や職場から近いクリニックに通う人が多い傾向にあるため、予約時間になっても待たされてしまうなんてことも。
    そういう時にもう1つおススメなのが、完全予約制のクリニックです。

  • 駅チカ

    京都府に住んでいる人は、車よりも電車やバスを利用する人が比較的多い傾向にあります。公共交通機関をメインに利用する人たちにとっては駅チカのクリニックが便利です。

医療脱毛に通う人の口コミ

  • ゆみ(23)

    VIO脱毛の痛みが非常に強いと聞いていたので、事前にドクターに相談して麻酔クリームを使用してもらいました。おかげで痛みもあまり感じることなく無事に施術を完了することができました。サロン脱毛では麻酔ができないから、クリニックにしておいて本当に良かったです。

  • ふわ(30)

    私の場合、肌が弱過ぎるということもあって、最初赤くなってしまって少し炎症を起こしてしまったのですが、すぐにドクターに診察をしてもらえて、しっかりとケアをしてもらえたので、痕になることもなかったです。
    サロンも、ドクターサポートがある所はあるけれど、実際にその場に医師がいるのといないのとでは大違い。私のように肌が弱い人は特に医療脱毛をおススメしたいです。

まとめ

京都府の特徴をもとに、医療脱毛クリニックを選ぶポイントを説明してきました。
けして安くはない医療脱毛だからこそ、事前にしっかりと調査をしておくことが大切です。
「他と比べて価格が安いからこのクリニックでいいや」と安易に契約してしまうと、後悔してしまうことがあるので、しっかりと調査して、ここなら最後までしっかりと通えるなと思えるところを選びましょう。